蒼「すーすー・・・」

・・・良く寝た、うん、一部だけ凄く興奮してるが、其処はあえて省かせてもらう。
言っても良いが、下ネタだ。

自「・・・ふぁーぁ・・・」
蒼「う、うーん・・・むにゃむにゃ・・・」
自「!・・・びくった、寝言か・・・それにしても、蒼星石は肌がプニプニしてんなぁ・・・」

試しに、ほっぺを突っつく、ぷにゅぷにゅ・・・柔らかい音を立てて、指からの力を吸収する。
物凄く柔らかい思わず抱きつきたくなる、それにしてもローゼンとやらはアホかと馬鹿かと、小一時間(ry
はぁ・・・それにしても、良い寝顔してんなぁ・・・
こんなに可愛い子を争わすとは・・・そのローゼンとやらは、相当頭が参ってたのか・・・
しかし、今はそんな爺さんの事は如何でも良い。
問題は、俺が蒼星石を抱きしめ上げてしまいそうな事で、そんな爺さん(?)等如何でも良いのだぁ!
はぁ・・・暫く見てよう、何か楽しい反応があるかもしれない。

自「・・・」
蒼「うーん・・・おかぁさん・・・みるく・・・」

そう言うと、親指を銜えて、音を立てて吸い始めた。
えーっと?確か・・・こういう時って、心の底から欲しいものが、口に出るんだよなぁ・・・
俺じゃないのか・・・OTL
けれど、良く考えてみろ、何百年も母親が居ないんだ、そりゃぁ母親が欲しくもなるわなぁ?
・・・俺が何かできないかな?
自「・・・よし!」

俄然やる気が出てきた、蒼星石のためなら三万里でも屁でもねぇ。
約数十分後、蒼星石が顔を洗って降りてきた。

蒼「あ、お早う御座います、マスター!」
自「お早う蒼星石、所で何か俺にしてほしい事は無いか?」
蒼「え?うーん・・・ないです、マスターと一緒ならそれで良いんです。」

そう言うと、屈託の無い笑顔を輝かせた。

彼方なら如何する?