「マスタ~~帽子返してよぉぉぉ!」
ピョンピョン
「ダーメ」
ピョンピョン
・・・
「うぅ~・・・グスッ・・・ひっく・・・ひどいよマスター・・・」
座り込んで泣いてしまう蒼い子。

蒼「返してよ!それ大切なんだから!」
マ「だめ~」
蒼「返してくれないなら僕もマスターの大切なもの取っちゃうよ、二度と返せないけどそれでもいいかな?」
マ「うっ・・・それは困る・・・」
蒼「じゃあ帽子返してよマスター。」
マ「くそっ、ほらよ。」
そして蒼星石が帽子を取ろうとした時フェイントして
蒼「うわっ、もう・・・次は許さないよ。」