「…蒼が好きなんだ…!」

「僕もマスターと離れたくないよ…」


その言葉が最後に発した言葉

気が付けば蒼はただの人形になっていて
残されたのは涙の水溜まりに膝を落とし
ただただ、喋る事のない人形に向かって話続ける変人だけだった



「…てぇ夢を見たんだがどう思う?蒼…」

「そんな夢を見る奴はお仕置きですぅ」

「げぇっ!?翠星石!?」