~「ゲーム」~

「なぁ蒼星石、ゲームしないか?」
「ゲーム?」
「まずあっちむいてホイで勝負をして、負けた方は勝った方の言う事を聞く、どうだ?」
「うん、分かった。負けないよマスター。」
そして俺達は立ち上がり、構えに入る。
「せーの、ジャンケンポン!」
「あっちむいてホイ!」

「よぉっし!!」
勝ったのは俺だった。そして何をさせようかと考えていた時、
ふと目線をテレビに向けると、ちょうどインリンが映っていた
「よし、じゃあ蒼星石、M字開脚やって。」
「えぇぇぇぇ!?そ、そんなの無理だよマスター!!」
予想外の要求を受けた蒼星石は良い反応を見せてくれた。
「約束だぞ、言う事は聞いてくれよ?」
「うぅ・・・・」
そして蒼星石は腰を下ろし、ぎこちない動きで脚を広げる。
「こ・・・・これでいいの・・・?」
「そうそう、その照れた表情も可愛いぞ。」
「や、やめてよマスター!もう満足でしょ?」
蒼星石はちょっとむくれた様子でそう言って体勢を元に戻した。
「次は絶対負けないからね!せーの」
「ジャンケンポン!」
「あっちむいてホイ!」

「やったぁ!!」
今度は蒼星石が勝った、さすがにとんでもない要求は無いだろう。
「じゃあマスター・・・・」
そして蒼星石は照れくさそうに言った。
「その・・・後ろから・・・・ぎゅってして欲しい・・・・」
これはこれで驚いた、俺に仕返しとか考えないのだろうか。
まぁこちらとしては喜んで受け入れるのだが。
「僕はこっち向いてるから・・・・」
そう言って後ろを向いた蒼星石に俺は近付いて、そっと手を回す。
[ぎゅっ・・・]
「あっ・・・・・」
驚いたという訳では無いだろうが蒼星石は声を漏らした。
そしていつもと違い目の前にある俺の腕を掴むと、
「マスター・・・ありがと・・・・」
そう一言呟いて、俺の肘辺りに顔をうずめた。
そしてその状態がしばらく続いた後、
「マスター・・・もう大丈夫、そろそろ夕飯片付けなきゃ。」
と蒼星石は言ったのだが、俺は聞き返した。
「本当に、もういいのか?遠慮するなよ。」
「じゃあマスター・・・もう少し・・・お願い・・・」
[ぎゅっ・・・・・・・]

~後は各自妄想でおk~