マ「蒼星石!ついに俺の部活の設立が夢がかなったぞ!」
蒼「そうなの?おめでとう、マスター。何の部活を創ったの?」
マ「フフフフ・・・聞いて驚け!」



S・・・世界が
O・・・大いに悶える
S・・・蒼星石を可愛がる団



マ「名づけて!SOS団だ!!!」
蒼「多分既出だよマスター・・・・」