※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

PCとメイド


仕事を終えて帰ってきた俺は、予想外の出来事に唖然とした。
「お帰りなさいませ!ごっご主人様!!」
ドレス姿で玄関で待ち構えていて、しかもこの台詞だ。
「今日はご主人様のために、腕によりをかけてご飯を作ったんですにゃん♪」
口調だけならノってるようだが、顔は火を噴きそうなほど真っ赤だ。
「・・・どうした?酔ってんのか?」
「そっ・・・そんな事ないよ!」
「・・・とりあえず飯にしてくれるか?」
「かしこまりました、ご主人様!」

「そもそもなんでそんな格好してんの?」
食事をしながら蒼星石に聞いた。
「それは・・・パソコンでマスターのお気に入り見た時に・・・あったから・・・」
「そうか・・・でも無理しなくていいんだぞ。」
「あっもしかして気に入らなかった?ごめんねマスター!」
「いや・・・そういう事じゃないんだけど・・・お前にはいつものままでいて欲しいし、
それに、俺達の関係は主従じゃなくて夫婦みたいなもんだからさ。」
「そんな・・・夫婦だなんて恥ずかしいや・・・でも・・・嬉しい。
あっ、そうだマスター、それなら明日は『あなた、お帰りなさい』って言っていい?」
「ああ・・・それならいいかもな。」