「マスター、朝だよ起きて」
蒼が起こしに来てくれたらしい
学校なんかサボればいいのに……
「学校遅れちゃうよ、新学期から遅れちゃダメだよ」
クラス替えが悪かった高校に行きたがる奴なんていないのに
「寝る」
言った方が勝ちだ
「でなきゃダメだよ。皆と仲良くしなきゃ」
「上辺だけの付き合いならいくらでも出来るけど?」
「そんなじゃダメだよ」
「別に蒼さえいてくれればいいから……」
「ま、マスター……うん、僕も大好きだよ」
「寝よっか?」
「もう、甘えん坊なんだから…」