※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

はぁ…白雪姫…か
マスターが買ってきてくれた本の中に、そんな話があった。
7人の小人、それからお姫様…まるで僕たちのようで柄にもなく少し運命を感じたりする。
それに、真紅達も、この話は知っているらしい…なんでもジュン君のお姉さんの頼みで劇の練習をしたとか…
はぁ…また、溜息。本日何度目だろうか。眠っているお姫様を王子様のキスで…目覚める…か。
多分、僕はお姫様になんか選ばれない。そもそも、僕にスポットがあたることなんか想像がつかない。
よくて脇役、白雪姫で言えば魔女か…小人が良いところだ。
それでも…もしも、僕が…ううん、ありえない、そんなことを考えるのはよそう。
僕には、アリスという道が残ってるんだ。僕が唯一ヒロインになれる場所。

あ、そろそろマスターが帰ってくる時間だ、晩ご飯…作らないと。


「蒼星石?どうした、今日は調子が悪そうだけど…」
「う、ううん、なんでもない」
「そっか…無茶はよくないぞ?」
晩ご飯。いつものように食事をしていたつもりだけど、マスターの一言でふと、気がついた。
どうやら鈍感なマスターも気づくほど僕は考え込んでいたらしい。くだらないことで…。
「そ、その、マスター…」
「ん?」
「ぼ、僕…そ、その、女の子っぽいかな…?」
「へ…?」
「そ、その、へ、変なこときいてごめんね……」
ふと、気になって訊いてしまった自分が恥ずかしい。
自分でもはっきりと答えきれないのにきいた僕が馬鹿だった。マスターも返答に困っている…

「そうだなぁ…蒼星石は誰よりも女の子だなぁ、他のドールズよりも、それから、他の人よりも」
「え?」
今度は僕が驚く番だった。
「それに…ほらそうやって悩んでるところも…」
…こんな時だけ、妙に勘の鋭いマスターが話していく。
「いやなぁ、悪いとは思ったけど、その、本を買ってからというものの、蒼星石がいつも本にかじりついてるから何読んでるんだろう、って気になってな」
「…あ」
そういえば、いつも白雪姫のところで開きっぱなしだったような…

「いっつも、自分がボーイッシュだとかそういうところで悩んでるんだろうなぁ、って。実に女の子らしい悩みじゃないか。それに悩んでる蒼星石だって可愛いしさ」
「そ、そんな、へ、変なこと言わないでよっ…そんな余計な気遣いは…」
「どうした?慌てて。俺は何も気遣っちゃいない、真実だぞ、それとも、俺の言うことはやっぱり…嘘か?」
マスターの目は嘘をついてない。それは僕でもはっきりと分かる。
「ううん、そんなことはないけど…でも僕はそんなに自分に自信が持てない…」
「そんなの俺だって一緒だ。自分に自信なんてこれっぽっちももてないけど、
蒼星石の事に関しては、そうだな…翠星石よりもはっきりと言い切る自信がある」
まるで…、真紅とジュン君とは全く逆の関係。ジュン君が真紅に勇気を貰っているように、僕はマスターに勇気を貰っている。
「蒼星石はもっと、自分に自信を持って良い。翠星石の影に立つんじゃなくて、もっとはっきりと自分を」
マスターの言葉で僕は、目が覚めた。
「僕は、僕でありたい」
…レンピカがこの人を選んだのが…正しいことだと今なら言える。


            ―――白雪姫は、王子様のキスで目が覚める。


僕もマスターのキスが…欲しい。ある種、僕が僕たりえるための儀式、そしてそれから…僕の、女としての願望。
「…そ、その僕も…目覚めのキスが…欲しいですマスター…」
突拍子もない言葉。マスターは受け入れてくれるだろうか…、ううん、自分に自信を持って。
マスターは決して裏切らない。裏切るのはいつも自分自身から。…なら、僕は僕を信じる。僕を絶対に受け入れてくれるはずだ。

マスターの手が肩にかけられる。僕は目を瞑り、少しだけ唇を前に出す。マスターの吐息が肌に感じるほど近い。
「あ…」
(省略されました・・全てを読むには脳内を働かせて妄想してください)