蒼「ねぇ、マスターの好きな人って・・・、もしかして、翠星石?」
翠「ちょ、ちょっと、いきなり何を言い出すですか、蒼星石!」
マ「え?いや・・・その・・・」
蒼「や、やっぱりそうなんだ・・・」
翠「・・・」
マ「いや、こう言ってしまうのも悪いんだけど・・・そうじゃないよ」
蒼「えっ?・・・」
翠「そ、そりゃそうですっ。おお前なんかがす好きになるはずがないですっ!」
蒼「ええっ!?・・・」
翠「お、お前なんかに好かれる所なんてこここれっぽっちもないですし、
  えーとえーと・・・おお前なんかに好かれるなんて、たまったもんじゃないですっ!!」
マ「お、おい、なんだよ、そこまで言ってないだろ。それに別に嫌いだとは」
蒼「マスターひどいよ・・・。翠星石、君まで・・・」
マ&翠「はい(ですぅ)?」
蒼「僕は好きな人は誰なのか聞きたかっただけなのに、僕のことが好きじゃないなんてわざわざ言わなくていいじゃないか!」
マ「ええっ!?別にそんなこと言っ
蒼「翠星石も、僕がマスターに好かれるところがこれっぽっちもないなんて、ひどいよ!!」
翠「な、何を言ってるですか、蒼星石!落ち着くで
蒼「確かに僕は服装とか髪型とか男の子っぽいし、翠星石みたいに可愛くて女の子らしいところはないけど、
  これでも一応女の子なんだよ!!マスターには僕のことが好きでいてほしいに決まってるじゃないか!!!

  だって、だって・・・、僕はマスターのことが大好きなんだから!!!」

マ&翠「!!!!!!」


そんな勘違い&暴走蒼星石