※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

蒼「ねぇ、マスターの好きな人って・・・、もしかして、翠星石?」
翠「ちょ、ちょっと、いきなり何を言い出すですか、蒼星石!」
マ「え?いや・・・その・・・」
蒼「や、やっぱりそうなんだ・・・」
翠「・・・」
マ「いや、こう言ってしまうのも悪いんだけど・・・そうじゃないよ」
蒼「え?・・・」
翠「なんですって!?」
マ「いや、だからその・・・、そうじゃない、って・・・」
翠「ヒイィィッ!なんてこと言うですかこのおばか人間!蒼星石に謝れですぅ!」
 ポカポカ!!
マ「うわ、痛いって翠星石、ごめんごめん。でも別に翠星石が嫌いってわけじゃないから」
蒼「そうなんだ・・・僕じゃないんだ・・・」
翠「誰に謝ってるですか!蒼星石に謝れと言っているです!」
 ポカポカ!!
マ「え?なんでだよ?別におれは蒼星石には何も言ってないぞ!いてて」
蒼「もうやめて、翠星石。マスターが悪いんじゃない。僕が悪いんだから・・・グスッ」
翠「蒼星石を泣かせやがったですねぇぇ!?このサイテー人間野郎がぁですぅぅぅ!!!」
 ベシッ!ゴスッ!!
マ「だからなんなんだよ、二人ともうわあぁぁ!!」

そんな勘違い双子