蒼「ね、ねえ…?マスターは好きな人とかいるの…?」
マ「そうだね」
蒼「え…。そ、そうだよね…。好きな人位いるよね…。いいなあその人…。誰だろ…、うらやましいや…」
マ「だから、そうだよ」
蒼「うん…。ごめんなさい。変なこと聞いて…。その人とうまくいくといいね…。」
マ「お、おい、だからそうだって…」

そんな鈍感な蒼星石