※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「マスター、こんなのが出てきたんだけど、これ何?」
家の掃除をしていた蒼星石が、箱のような物を持ってきた。
「ん・・・・あぁ、紙相撲の土俵かな、幼稚園で作った奴だ、懐かしいな。」
「幼稚園?そんな昔の物まで取っといてあるんだね。」
「まぁな、意外と俺大事に取っとくタイプだからさ。」
しかし、土俵はあるものの、紙の力士は無くしてしまったようだ。
「そうだな・・・俺が二人の絵を描いて力士作るからさ、一緒にやるか?」
「うん、やってみたい。」
俺はまず厚紙をかたどり、それから絵を描き始めた、
左右に分けて絵を描くのは結構難しい物だったが、それなりに上手くは描けた。
「よし、じゃあやってみるか。」
「うん、この箱の縁をとんとん叩けばいいんだよね。」
「そう、じゃあ始めるぞ、はっけよーい、のこった!」
俺の合図の下、二人して一斉に土俵を叩き始めた。
「よし、いいよ!あぁそっちはダメ!そうそう、行けぇっ!・・・やったぁ!僕の勝ちだよ!」
「負けちゃったかぁ・・・よし、もう一回だ。」
しかし、こうやって遊んでいる蒼星石の姿は無邪気な子供そのものだ。
「行くぞぉ・・・はっけよーい、のこった!」
二戦目、再び俺の合図で幕を開けた。
「行けっ!いいよ、押してる!そのまま押せっ!あっ・・・・・」
その時、結果だけ話せば俺の勝ちだった、だが眼前には気まずい光景があった。
蒼星石の方は背中をつけて仰向けに、そして俺がその上に覆いかぶさる形になっていた。
「・・・・・・・・・・・・・・・」
しばらくの間、二人は沈黙に包まれていた。
「俺の・・・・・・勝ちだな・・・・・・・」
「そうだね・・・・僕、掃除の続きやってくるねー・・・・」
蒼星石は空気に耐えかね去って行ったものの、場の空気は淀んだままだった。