「マスター、背中流してあげるね」
「ん…ありがと」
「じゃあ翠星石は前を洗ってやるですぅ」
「いや!前ぐらい自分で洗えるよ!」
「いいから黙りやがれですぅ!」
「でも…ってか蒼星石!何して…!」
「どうしたの、マスター?」
「いや、背中に当たってるって!」
「ふぇ…何が…?」
「だから…」
「んな…!何おったててやがるですか!
 早くしまいやがれですぅ!」
「でも蒼星石の胸が背中に…」
「えぅぅ…。もしかして僕の、当たってた?」
「あ…うん。ってかさっきからその事を…」
「あぁーっ!何をグダグダ言ってやがるですか!?
 もう翠星石がそれを鎮めてやるですぅ!」
「それってまさか…」
「一人でなんてずるいよ!僕も手伝うよ!」
「ちょ…!何で蒼星石まで!」
「だってマスターがこうなっちゃったのって僕のせいなんでしょ?
 だから僕が頑張らなきゃ…」
「これって姉妹丼ってやつだよね?
 …オレ、今なら死んでもいいや」