※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

一人にしないで


休日の4時頃は面白い番組も特にないので、いつも時間を持て余す。
「くんくんのビデオでも見るか?」
時間潰しにはなるだろうと思い、蒼星石に聞くと、
うんと頷いてくれたので、早速ビデオを再生した。
それからしばらく観ていると、くんくんが閉じ込められ、
「あなたはここで・・・・死ぬのよ!!」
和風の人形がそう言い放った時、蒼星石が
「きゃぁっ!!!」
と悲鳴を上げて俺にしがみついてきた。
「蒼星石・・・怖いのか?」
「うん・・・・」

それから少しして、蒼星石も落ち着いたようなので、
トイレに行こうと立ち上がった時、
「ちょっとマスター、どこ行くの?」
「どこって、トイレに行くだけ。」
「一人にしないで!僕もついてく!」
「ついてくって・・・じゃあ外で待ってろよ。」
「分かった・・・・早くしてね。」
俺が用を足してトイレを出ると、すぐに蒼星石が寄り添ってきた。
「マスター・・・離れないでね・・・。」
どうやらさっきのくんくんが怖くて一人ではいられないみたいだ。
「そろそろ夕飯の支度するんだけど・・・マスター・・・傍にいてね。」
こう頼まれては断れないので、傍にいてやる事にした。

「マスター、お醤油取って。」
蒼星石は時々俺を利用しながら料理を進めている。
傍にいてと頼まれて結構経ったので、そろそろS心が湧いてきた。
蒼星石が集中している間にこっそり台所を離れ、押入れに隠れた。
「マスター、お砂糖取って。・・・ねえマスター・・・・・・あれ?」
隠れてしばらくすると、足音が近付いてきた。
「マスター・・・・・どこぉ・・・?ますたぁ・・・・・・」
必死で捜しているようなので、出て行く事にした。

「ここだよ、寂しかったか?」
「もう!傍にいてって言ったじゃないかぁ・・・・くすん・・・。」
「悪い悪い、泣くなって。」
「べっ別に泣いてなんかいないよ!とにかくもう離れないでね。」
それからはずっと傍にいてやり、夕食を支度する蒼星石を見守った。
夕食の後は蒼星石も落ち着いたようで、俺についてくる事はなかった。
それから俺は風呂に入り、寝室でさっきまでテレビを見ていた。
「じゃあそろそろ寝るか、おやすみ、蒼星石。」
「うん、おやすみなさい、マスター。」
二人であいさつを交わし、電気を消した。

それから少し経った頃、鞄を開ける音がした。
目を開けてみると、蒼星石は俺の方へ歩いてきた。
「ますたぁ・・・・」
「どうした?」
「一緒に寝ていいかな・・・?その・・・思い出しちゃったんだ・・・・。」
どうやら今日のくんくんを思い出してしまったらしい。
「しょうがないな、分かったよ。」
俺がそう言って毛布をまくると、蒼星石はそこへもぐってきた。
「はぁ・・・・やっぱりあったかいなぁ・・・
マスターと一緒に寝るとね、すごく安心するんだ。」
「そうか、俺もほっとするよ、今日はいい夢見られそうだな。」
「大丈夫、僕が絶対にいい夢見させてあげるよ。」
「あぁ・・・ありがとう、蒼星石。」