「なぁ蒼星石?」
「うん?なぁにマスター」
「・・・・・・」
「どうしたの?マスター・・?」
「あのさ・・その・・マスターじゃなく、な・・名前で呼んで欲しいな~って」
「えっ・・?マスターを名前で?でも・・その・・マスターはマスターだし・・」
「」
「」
「じゃぁ・・呼ぶよ・・?○○・・君・・・○○君///////」
「何かくすぐったい感じだなぁ。・・でも嬉しいよ。ありがと蒼星石。」
「えへへ・・○○君だーいすきぃ」