「ますたぁ・・・起きて・・・」
僕はそう言ってマスターの体を揺すった。