高史が失踪して一週間後・・・・・・・・・・
皆心配し始めていた。

春花「あいつ、一体どこで何やってるのよ・・・」
浩司「・・・敵の襲撃を受けた、と考えるべきでしょうか・・・?」
剣汰「・・・だろうな。」
雛「さすがに心配なのー・・・」
翠「ど、どこかで頭を冷やしているに決まってるです!」
真「・・・剣汰と浩司の話をちゃんと聞いていたの・・・?」
蒼「マスター・・・・・」

そのとき、剣汰の携帯がなった。

春花「剣汰、電話だよ。」
剣汰「ああ・・・」

ピッ

剣汰「もしもし。」
高史「剣汰・・・兄ちゃん・・・」
剣汰「やっと連絡していたか高史・・・今どこだ・・・?」
蒼「・・・!?」
高史「わかんね・・・ここどこだっけ・・・?」
剣汰「それより・・・誰かに襲撃されたようだな・・・」

高史は相当なダメージを受けているらしく、とても苦しそうだった。

高史「ご名答・・・ちとやられちった・・・」
剣汰「誰にだ?」
高史「水銀燈の・・・やばっきた!!」
剣汰「何・・・!?」

携帯から、相手の声が聞こえた。

?「てこずらおって・・・
  だが、ここまでだ。
  消えてもらうぞ。」
高史「だーれが消えるかよ・・・」
蒼「マスター!!マスター!!」
高史「蒼せ・・・おっと、この名前は口にしないって決めてたんだっけ・・・」
蒼「そんなこと言ってる場合じゃ・・・!!」
?「いつまで会話しているつもりだ?」
高史「知るかぁ」
?「ならば・・・消えろ!!」
高史「くっ・・・ぐあああああっ!!」
蒼「マスター!?マスター!!」

ツー、ツー、ツー・・・・・・・・・

蒼「そんな・・・」
剣汰「切れたようだな・・・」
蒼「くっ・・・マスターっ・・・!」

蒼星石は外に飛び出した。
翠星石がすぐにその後を追う。

剣汰「春花と雛苺はここで待機してろ。」
春花「うん。」
雛「わかったのー。」
剣汰「浩司は翠星石の後を追え。
   真紅は俺と一緒に来い。」
浩司「了解です、剣汰さん。」
真「命令しないで欲しいのだわ。」
剣汰「行くぞ!」



飛び出した蒼星石は、少し離れた森に降り立った。
翠星石も同時に降りる。

蒼「マスターが・・・マスターが・・・」
翠「落ち着くです蒼星石!
  まだあの人間が死んだって決まったわけじゃ・・・」
蒼「でも・・・」
?「そちらから来てくれるとは・・・
  探す手間が省けたな。」
翠「誰です!?」

そこには、一人の策士風の男が立っていた。
指には、血のついた鉄の爪をつけていた。

司「私の名は司馬懿。字は中達。」
蒼「その血・・・まさか・・・」
司「かんがいいな、蒼星石。
  そうだ、この血は、貴様のマスターの血だ。」
蒼「そん・・・な・・・」
司「蒼星石のマスターは抹殺した。
  討たれ、屈し、滅びるがいい。
  ふははははははっ!」