|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

ファイルシステムのマウント(mountコマンド)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ファイルシステムのマウント(mountコマンド)
ファイルシステムのマウント(mountコマンド)説明
mountコマンドはファイルシステムをマウントするときに使用します。デバイス中のファイルシステムをディレクトリとして扱えるようになる。


構文
mount [ オプション ] デバイス名 マウントポイント


オプション
  • a /etc/fstabのすべてのファイルシステムをマウントする。
  • r 読み込み専用でマウントする。
  • v マウントの詳細を表示する。
  • t fsタイプ ファイルシステムのタイプを指定しマウントする。


ファイルシステムタイプ


ext2 Linux標準のファイルシステム
iso9660 一般的なCD-ROM
msdos FAT
vfat FAT32
swap swap領域



CD-ROMをマウントする。


$mount -r -t iso9660 /dev/cdrom /mnt/cdrom