※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


あ行
アニマルファイブ モンスターと見間違えるほど似通った防具を装備している集団。モスマン、ケルビマン、チャチャマン、エスピマン、ファンゴマンなどがいる
ウェポンズマスター セブンウェポンズの頂点に君臨する存在。全ての武器をマスターし光と闇の力を操る。
か行
ガチャぽん セブンウェポンズの中でも特殊な存在。特定の武器に特化しているわけではないが、数多くのBランク()武器を保有しており、その力は未知数である
ギウラス 暗黒魔人ギウラス。この世界の神的存在であり頂点。最近はビジネスチームという新たな人格も出現してきている
ギルド 正式名称はハンターズギルド。主に依頼人とハンターの仲介をしている。ハンターに対する報酬も管理しているが理不尽な報酬が多いことから、ギルドはハンターの報酬を一部横領しているのではないか?と言われている
狩人祭 ギルドが定期的に主催するモンスター虐殺祭り。普段は討伐数を制限しているギルドもこの祭り時に限っては討伐数上限を決めていない。ほとんどのモンスターはセブンウェポンズに遭遇するだけで魂が抜けてしまうので、祭期間中はセブンウェポンズは力を制限される
さ行
セブンウェポンズ 各武器をマスターした7人?の狩人。その力はウェポンズ一人でハンター100人分とも言われている。大剣のセブンウェポンズなら大剣ぽん、太刀なら太刀ぽんと呼ばれている
た行
暗黒面(ダークサイド) セブンウェポンズが闇の力に溺れるとこの境地に達すると言われている。暗黒面に落ちたウェポンズはカプ畜と呼ばれる存在に成り下がる
テンプレ騎士団 テンプレ騎士団の最大の特徴は、構成員が効率厨であると同時にテンプレ厨であったという点にある。同騎士団の団員たちは数次にわたって行われた防具スレの新テンプレ防具決定活動の中で大きな役割を果たした。テンプレ騎士団の歴史は第1回ラオ配信にさかのぼる。第1回ラオPTではなんとかラオ撃退に成功したものの、求人区における防具レベルの差は依然として不安定なものであった。そこでテンプレ防具の奨励を唱えた。フランス貴族ピンク・バケツのもとに9人の騎士たちが集まった。上級騎士たちは決して降伏しないことを誓い、三死こそが天国の保障であると考えていたとされる。このような戦士としての士気の高さ、熱心に行われた鍛錬と十分な装備などがあいまって中世最強の地雷騎士団と呼ばれるほどになった。各鯖全域に広がったテンプレ騎士団はガチャ防具によりテンプレスキル防具が多様化し本来の目的を失った後も活動し続けたが、2000年代初頭に運営王ギウラス4世の陰謀によって壊滅させられ、以後活動禁止となった。
な行
ナイト パダワンを卒業した狩人に名づけられる。セブンウェポンズほどではないにしろそれに準ずる力を所持しており、この中からセブンウェポンズが選ばれる
ナインアーマーズ フル装備を愛し、同系のフル装備を剣士・ガンナー共に持つほどのこだわりを見せる猟団。一部のウェポンズとは友情?がある
は行
バケツ 頭にハイメタUを装備している狩人のこと。パダワンが好んで装備している
パダワン セブンウェポンズの弟子。ウェポンズに比べるとまだまだ未熟だが、一般ハンターより数ランク上の力を持っている
ま行

や行

ら行

わ行

英数記