※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

217 名前:ヽ(`Д´)ノ ウワァァァン[sage] 投稿日:2009/05/11(月) 03:58:34 ID:J8GT5Ayp
大剣ぽん 「よろしくおねがいしまーす」
ゆみぽん 「よろしくです^^」
??G   「こちらこそよろしくです」
??B   「しゃーっす!よろしくです~」
             クエ開始
大剣ぽん 「改めてよろしkッ!!!お前は!!」
ゆみぽん 「!」
??A   「クックック…。見覚えある名前が募集してやがるから飛んできたが…(ニヤニヤ)」
??B   「案の定って奴ですね」
大剣ぽん&ゆみぽん 「ナインアーマーズ!!」
フルギザミ  「相変わらずチンケなクエ受けてんだなあ?あん?」
大剣ぽん   「なんだと!」
ゆみぽん   「大剣ぽん止めて!今はクエスト達成が優先よ!」
フルギザミ  「こいよ!オラッ!おめらーがチンタラ溜めてる隙に乳くせえガキと暑苦しいデクの棒の顔面速射で
         部位破壊サブターゲット達成してやんよ!おう!B!バールもってこい!バールゥう!!!」
大剣ぽん   「やれるもんならやってみやがれ!」


218 名前:ヽ(`Д´)ノ ウワァァァン[sage] 投稿日:2009/05/11(月) 03:59:58 ID:J8GT5Ayp
ナインB    「ん…?」
ゆみぽん   「ああ…もうリオレウスが…」
ナインB    「う!うわあああああああああああ!!」
フルギザミ  「ッチ!馬鹿が!何やってやがる!!」
ナインB    「ひいいいい!!乙りたくない!乙りたくない!!!!せっかく結婚が決まったのに!!」
大剣ぽん   「おい!そっちじゃないこっちだ。真下に来い!!!乙りたいのか!」
フルギザミ  「しゃーねえ…粉塵でも飲んで…!!糞が!!切れてやがる!!!」
大剣ぽん&フルギザミ 「間に合わねえ!」
ゆみぽん   「もう!」


219 名前:ヽ(`Д´)ノ ウワァァァン[sage] 投稿日:2009/05/11(月) 04:00:51 ID:J8GT5Ayp
             ピカーン
ナインB    「い、生きてる?乙ってない!」
大剣ぽん   「閃光玉か!」
ゆみぽん   「今の内よ!早く回復して!」
フルギザミ  「…なんだよ」
大剣ぽん   「いや…意外だなと思ってな…」
フルギザミ  「ふん…お前らのとことは違ってなウチじゃフルセットも着れねえ下っ端も多い…」
         「なんでも揃ってるエリート坊ちゃんチームじゃねーんだよ…」
大剣ぽん   「…なあ。」
フルギザミ  「なんだよウッセーナ…。てめーとの決着は後回しだ…」
大剣ぽん   「っふ!。足ひっぱるなよ!」
フルギザミ  「オメーがな!!!!」

ゆみぽん   「しょーがない奴らね…(笑)」

237 名前:ヽ(`Д´)ノ ウワァァァン[sage] 投稿日:2009/05/11(月) 11:46:37 ID:YpYzxTSg
ガンぽん「太刀ぽん、双剣ぽん、生きてるかぁ?」

太刀ぽん「ああ、なんとかな・・・」

ガンぽん「上から来るぞ!気をつけろ!」

ガンぽん「なんだこの階段は!」

双剣ぽん「とにかく入ってみようぜ・・・!」

238 名前:ヽ(`Д´)ノ ウワァァァン[sage] 投稿日:2009/05/11(月) 11:50:50 ID:YpYzxTSg
ガンぽん「せっかくだから俺はこの赤のセンショク草を選ぶぜ!」


こうしてガンぽんはヘビィボウガン「クリムゾンデビルSP」を手に入れた。

しかし今、ドスギウラスの放った糞肉質モンスターがガンぽんに襲い掛かる・・・

250 名前:ヽ(`Д´)ノ ウワァァァン[sage] 投稿日:2009/05/12(火) 06:00:16 ID:jcqRWYpL
ついにセブンウエポンズが揃った
その時1に明かされた真実・・・そしてセブンウエポンズ最後の戦いが始まる。

1「マスター。遂に揃いました・・・我々セブンウエポンズが」
マ「長かったな。だが、これで終わりではない」
1「もちろんですとも、我々の狩りはまだまだこれからですよ」
マ「いや、申し訳ないが我々が集うことはあと一回を残すだけだろう」
1「やはり・・・薄々は気づいていましたよ。セブンウエポンズが何故4人しかいなかったのか、何故PSを隠し双剣を使い続けたのか。”あれ”の再来を感じる今ではわかります」
マ「ああ、おそらくは君の考えていることはおそらく正しいだろう、だが、私の口から・・・それを・・・事実として話した瞬間、君は否応なく”あれ”との戦いに巻き込まれる・・・そして多くのものを失うだろう」
1「覚悟はしていますよ。何よりセブンウエポンズが揃う一瞬のために全てを投げ打つことに悔いはありません」

251 名前:ヽ(`Д´)ノ ウワァァァン[sage] 投稿日:2009/05/12(火) 06:01:17 ID:jcqRWYpL
マ「もはや時間はない、何より君の覚悟はわかっている。ただ、君に今まで伝えなかったのは私の罪悪感を少しでも薄めたかったせいかもな」
1「悔いはありませんよ。例え全てを失おうと、私の命でも、例え・・・」
マ「最後は聞かせないでくれ、この先に待つものを理解はしているが、それでも私は抗うつもりだ」
1「もちろんですよ。私もです、そして話とはワールドドラゴンのことですね?」
マ「・・・そうだ。奴らは再び目覚めた。かつて我々が撃退した奴らがな」
1「なんですって!?確かにワールドドラゴン復活の気配は私も感じます。ですがワールドドラゴンはあの終末戦争以来封印されていたはずでは!?」
マ「ああ、かつての機械文明を滅ぼし、我々を原始へと戻したワールドドラゴン、だが、奴らは既に目覚めていたんだ。そして我々セブンウエポンズは立ち向かった、禁忌を犯してまでもな」
1「禁忌・・・それがあなた方が4人となった理由でしょう?」

252 名前:ヽ(`Д´)ノ ウワァァァン[sage] 投稿日:2009/05/12(火) 06:01:41 ID:jcqRWYpL
マ「そうだ、かつてココットの英雄が5人PTを組んで以来の禁忌、無論我々も理解している。だがワールドドラゴンはあまりにも強大だった。そのためには我々の身に災厄が降りかかろうとも禁忌を破るしかなかった。」
1「そして言い伝えどおりあなた方は・・・」
マ「そう、我々の内3人は倒れ、4人PTとなり4人だけが生き残った」
1「それでも討伐は出来なかったと?」
マ「ああ、撃退とはいえ、ワールドドラゴンには歯が立たなかったのが正直な話だ、まるで遊び疲れて帰るようだったな。奴の最後の姿は」

258 名前:ヽ(`Д´)ノ ウワァァァン[sage] 投稿日:2009/05/12(火) 11:30:05 ID:F5L9bSZL
双ぽん「俺…この狩りが終わったら結婚するんだ…

片手ぽん「俺も結婚するんだ

ランスぽん「じゃあ俺も

ガンぽん「俺も俺も

双ぽん「真似すんなよ!

ランスぽん「死亡フラグとかかっこつけんなよ

後のウェポン大分裂の引き金となった忌まわしい事件である

259 名前:ヽ(`Д´)ノ ウワァァァン[sage] 投稿日:2009/05/12(火) 12:19:43 ID:3GyqENSm
1「それでも我々は逃げることは許されない」
マ「そうだ、奴らを撃退しなければ我々に真の平和は来ない。そのために相応しい人物を集めていた、お前の邪気眼なら見えただろう?我々が双剣を持ちながら何をしていたのかが」
1「ええ、あなた方の動きは双剣の物ではなかった、3対の双剣と笛、セブンウエポンによる一撃でしたね」
マ「ああ、ワールドドラゴンにはそのような攻撃でないと通用しない、奴らから見れば人の力もモンスターから作られた武具もゴミのようなものだ」
1「しかし一本では無理でも合わせれば」
マ「必殺の攻撃となり得る、それがセブンウエポンズを集めた目的でもある、真の勇者達による一撃以外奴には通用しないからな」
1「はい・・・ですがワールドドラゴンの再来はいつになるのでしょう?」

260 名前:ヽ(`Д´)ノ ウワァァァン[sage] 投稿日:2009/05/12(火) 12:20:25 ID:3GyqENSm
マ「もはや猶予はないだろう、奴は既に目覚めている、人との接触は時間の問題だろう。観測所からは既に痕跡も報告されている」
1「ではすぐにでも向かわなければ行けませんね」
マ「心残りは無いのか?」
1「・・・いえ」
マ「・・・そうか、私からは何も言えないが・・・ただ、自分に嘘はつくなよ」
1「もちろんですよ、もう何も無いです。」
マ「ならいいんだ・・・最後にこれを渡そう」
1「これはガチャチケット?いや・・・違う」
マ「ああ、それを渡せば真の封印武器をもらえる、私のシューティングスター同様、見た目はただのガチャ武器だが、中身は別物だ、ガチャ武器はただの目くらましのレプリカ、これは終末戦争の時代の遺品だ、変えてきな。鍛冶屋のおっさんに話は付けてある」
1「はい・・・これは!sgur神の加護を持ったあの伝説の笛・・・」
マ「ああ、これで準備は整ったな、行くとしようか!」
262 名前:ヽ(`Д´)ノ ウワァァァン[sage] 投稿日:2009/05/12(火) 12:21:36 ID:3GyqENSm
色々あってワールドドラゴンとの死闘も終盤へ・・・
龍「グオワアアア!」
1「太刀さん!」
太刀「ふっ・・・この死神の代行人にも焼きが回ったようだな・・・もうアイスリーパーもボロボロだ、貢献できないんだから俺のことなんざ気にするな
1「何を言ってるんですか!貴方が欠けたらセブンウエポンズではないんですよ!」
太刀「俺のことなんざ気にするな・・・わかってたことだ、俺には裁きが来るってのはな・・・このスカルフェイスは頼んだぜ・・・あいつの・・・存在した証なんだ・・・」
1「諦めてたまるか!セブンウエポンズが無くなるなんて俺は認めない!」
?「いや、セブンウエポンズはもう終わりだ」
1「!?貴方は!?」
?「俺が・・・ミッシングウエポンだ!」
マ「生きていたのか!ミッシング!」
267 名前:ヽ(`Д´)ノ ウワァァァン[sage] 投稿日:2009/05/12(火) 12:54:16 ID:3GyqENSm
ミ「ああ、すまなかった・・・傷を癒すのに手間取ってな・・・だが間に合った!もう誰も欠かせやしない!」
1「これでエイトウエポンズになった!」
ミ「そうだこれなら4×2のパーティー、運命様も満足だろう?」
マ「そして!」
1「今こそ放とう!」
ミ「オクタゴンスラッシュ!」
龍「ウボァー!」

そして8人の中二病患者の奮闘で世界は平和になりました、めでたしめでたし。