※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


『契約』


 読んで字の如く。
 招喚契約に限らず、バリエーションは色々。
 色々あるからといって全て使えるかどうかは解らないのがミソだけど。


『招喚』


 招喚魔術。
 大雑把に分けて三つのバリエーションがあるらしい。
 一つは本体を直接喚び出す通常招喚。
 一つは対象の一部だけを喚び出す部分招喚。
 一つは自分の身体を媒介に対象の能力だけを借り受ける概念招喚。
 どれが一番難しい、ということもなく。招喚対象の格と性質、そして状況によって難度はよりけりらしい。


 以下は招喚契約を結んだ相手の名前と性質。


『魔獣・アステール』


 初めて招喚に成功した招喚対象。ルリルさんのサポート付きでようやく成功した。
 その形状は、炎を纏った犬型の魔獣であり、炎の吐息と鋭い爪牙を持つ。
 ……術者の力量でサイズが決定するらしく、一番初めに招喚した時は親指サイズのマスコット状態だったとか。
 普段はイーシンの中で眠っており、比較的簡単に呼び出せるらしい。

 初めての共同作業――同調しての魔術行使によって召喚した為、肉体的な繋がりこそ無いもののルリルさんとの子供という認識を持つ。
 名の意味は『星』。
LvUP(1):親指サイズから、拳大サイズになりました
LvUP(2):小型犬サイズぐらいまでにはなれるように。
LvUP(3):大型犬サイズ。同時に人型化も。



『人菌・ゴノレゴ十三』


 可愛くないキノコ。
 焼くと美味いらしい。
 あと、何か叩くと増える。胞子で。モッサリ。
 サイズは色々だが基本はバレーボールサイズから上下だとか。
 種族名はマッシュナイパーと言うらしい。




『機人・メカ西くん』


 コモトさんより契約を引き継いだ機械。
 伸びるお手手!(マジックハンド) 物がしまえるボディ!(つまり中身空洞) どこでも走れるキャタピラ!(垂直走行すら可能らしいが、すげー低速) そして自爆!(煙撒き散らすだけで破壊力ゼロ)
 などなどという、素晴らしい機能を誇るロボットというかボロット。
 ボロットには自由意志があるらしく、機械のくせに凄くイイ性格をしている。

 ちっこいミサイルを吐いたり、右手がドリルになったりもするらしい。
 あと、喋る時は口からカタカタと紙を出す。



『魔竜・リィヤ』

 PCであるリィヤさんご本人。
 黄金の鱗を持った威風堂々たる異界の竜族の貴種。
 本人(PLさん)が居ない場所で招喚する場合は大概ドラゴンモード。
 しかしその状態だと消費が激しいので、ほぼ一瞬の顕現のみ。
 多分消費がなんとかなっても一瞬のみ。こう、PL事情ということでお察しください。



『妖魔・ミニミニ羅穿』

 掌サイズのミニミニ羅穿さん。
 羅穿さんより試金石として預けられた力の具現であり、その正体は羅穿さんの力のごく一部に術式としての形を与えたもの。
 イーシンの中の『羅穿』のイメージに従った言動をとる。
 能力の規模は本物の1/144程度らしいが、それでも十二分に強力な火災旋風の力を持つ。



『水妖・ソーダ』

 レミアさんの仔である不定形のアメーバ状生物。
 元来は体液を媚薬とするエロエロ生物だったそうだが、現在では教育の甲斐もあって媚薬成分は中和されているとか。
 その外見に似合わず、下級の魔族と同等の魔力を有しているらしい。
 極力危険な目にはあわせないと約束した為、戦闘等で招喚することは多分稀。



『武甲・鉄拳征裁』


 緋水さんより頂いた(強奪した?)手甲を招喚具としたもの。
 「使用者の意思に応じて使い易い形に変化する」という性質を持つ金属(名称不明)で作られている為、フリーサイズだとか。
 気の流れを阻害することなく、数倍に増幅する機能を持つ。
 気功を収めたものが使えば、自然治癒力を高める効果もあるらしい。
 制裁じゃなくて征裁なのは言葉遊びと趣味。



『地蔵菩薩・菊子』

 PCである菊子さんご本人。
 詳細はプロフィールをば。
 能力は、イーシンの理解だと運命干渉というか確立操作というかそのあたり。
 本人曰く、偶然を起こす、だそうだけれど。
 応急処置的に契約して以来、便利なのでなんとなくそのままに。



『機塊・ダイテッコー』

 漢字で書くと大鉄鋼。見た目は直径5m程の巨大な鉄球。
 とある魔族PC様との戦闘時、解かれてしまった古代の封印に封じ込められていたらしい。
 瘴気とか魔力とか放ってたから、多分属性は魔とかそんなの。
 周囲のプラスベクトルのエネルギーを吸収するだけ吸収し、限界に達すると爆発するという傍迷惑な代物。どうにもならないので封印されていたらしい。
 あるいは、由来が何かあるのかもしれないがイーシンは知らず。
 名前は、適当にフィーリングで付けたとか。


『無銘の武装』

 読んで字の如し。
 特に捻りも何も無く、刀剣や槍やメイスの類。基本的に大量生産品。
 戦場跡やら何やらで拾い集めたりとかしたらしい。
《ちょっとだけ追記》
  • 銀のナタ:とある教会で用意して貰ったナタ。聖なるナイフ程度の聖性があるらしい。……が。それだけ。見た目はごつい。