※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「道化の手記/2006年05月22日/三つのNG」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

道化の手記/2006年05月22日/三つのNG」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

+#blognavi
 
+  自分には、女と関わる時はこのことに気をつけなくてはならない、と、師から口を酸っぱくして教えられたことが3つある。
+  一つ目は、女を泣かせること。
+  二つ目は、女に恥を掻かせること。
+  三つ目は、女の髪や顔を傷つけること。
+  別段、命を懸けてこの三つを守れと言われたわけではない。
+  時には已む無く破らねばならないこともあるだろうし、そんな気になれない相手というのもいるだろう。そのあたりはケースバイケースだ。
+  ただし、それがどんな形であるにしろ、もしこの三つを破ることがあったなら。
+  男の側は、何の反論も言い訳もしてはならないし、文句も罵倒も甘んじて受けなければならない。
+
+  これは師の言葉であり、教えられた当時は多少首を傾げる部分もあったが。
+  今となっては、己自身の主義でもある。
+
+
+    記すべき名は無し、故に無名
+
+#right{
+カテゴリ: [[[手記>道化の手記/カテゴリ/手記]]] - &trackback() - 2006年05月22日 18:16:17
+}
+
+#blognavi