不動遊星(NO)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

不動遊星(ふどう ゆうせい)(NO):登場デュエリスト声:宮下雄也


「おい、デュエルしろよ」

  • デュエルの話
パターン
話の雰囲気 主な答え
好調 △怒る
不調 ○悲しむ
普通 ×笑う
内容
話の内容 返す答え
カードが俺に味方してくれる △怒る
俺は誰にも負けない △怒る
かなり調子がいい △怒る
俺は、アイツに勝てるんだろうか… ○悲しむ
…勝負するのが、怖い時もある ○悲しむ
カードの引きがイマイチだ ○悲しむ
調子は悪くない ×笑う
俺は…アイツに借りがある ×笑う
モンスターだけでは、デュエルには勝てない ×笑う
  • 特徴
マーカーがない原作序盤の遊星。
マーカーがないためか、不動遊星(MA)と違い牛尾哲(SE)以外のセキュリティの相性はだいたい普通。
ストーリーのイベントではこれでもかというほど無口、EDを除くとセリフがたった4種類しかない。
「おい・・・」「デュエルしろよ」「カードは拾った」「タッグデュエルだ」

スターダスト・ドラゴンをジャックに奪われている時期なので、禁止デッキ以外では投入していない。
取り返した後で使い始めたカードも入っておらず、そのスペースに様々なカードが投入されている。
セイヴァー・スター・ドラゴン関連も当然入っていない。

デッキはいずれも【シンクロ召喚】デッキ。
パートナーデッキではシンクロン系に加え、ワンショット系のカードを投入している。
お気に入りモンスターの設定が多いため、デッキの大幅な変更は難しいだろう。
チューナー指定の厳しいシンクロモンスターが主力なので、指定のゆるいものも追加しよう。
スピード・ウォリアーマッシブ・ウォリアーに変更するなどして防御力を固めると良い。
チューナーが多いので、プレーヤーはそれほどチューナーを入れなくてもシンクロ召喚には困らない。
無理にデッキを合わせる必要は無いが、ニトロ・ウォリアーくらいは入れても良いだろう。

不動遊星(MA)同様、アームズ・エイドの使い方にも難があり、手当たりしだいシンクロ召喚、とりあえず装備、装備したまま装備モンスターをシンクロ素材にする等。
安定性を求めるのなら抜いてしまった方が良いだろう。
だが、調律は安定してジャンク・シンクロンをサーチする。

デッキ2は、ワンショット系のカードはなく完全にウォリアーに特化している。
デッキ3は、展開力に優れた下級モンスターのおかげで、ジャンク・ウォリアーなどをシンクロ召喚しやすくなっている。
禁止デッキは、デッキ3に原作の序盤遊星が使っていない多様なシンクロモンスターが投入されて大幅強化している。

パートナー用は【シンクロ召喚】(シンクロン+ワンショット)デッキ
初期は【シンクロ召喚】デッキ(ウォリアー軸)デッキ
高レベルは【シンクロ召喚】(ジャンク・ウォリアーとワンショット・キャノン軸)デッキ。
禁止デッキは【シンクロ召喚】

  • 出没地点
サテライト
  • 出現条件
  • パートナーパック
  • お気に入り
  • 使用デッキ
デッキ名 レベル デッキ使用場所
くず鉄の砦 3 パートナー、2周目以降ランダム、イベント
くず鉄の城 2 1周目、2周目以降ランダム、イベント
くず鉄の国 7 2周目以降ランダム、イベント
リサイクル野郎 8 禁止・制限解除
  • ストーリー
サブタイトル 好感度 相手
スタンディング・デュエル!アクセラレーション!  ハート1 牛尾哲(SE)矢ヵ城利之
プロデュエリストからの挑戦!夢を守り抜け  ハート2 高橋秀行吉光誠一郎
カードにこめた想い!ワンショット・ブースター  ハート3 ラリー・ドーソン河合都
運命の対決!スターダスト・ドラゴンを取り戻せ  ハート4 ジャック・アトラス牛尾哲(SE)
  • アイテム
大好
好き (□)カードプロテクター(シルバー、イエロー)
普通 (食)ガム、サラダ、栄養ドリンク
(□)カードプロテクター(レッド)
(♪)ぬいぐるみ(かえる)
嫌い
大嫌
  • アイテムを渡した時の反応
大好
好き 悪いな
普通 そうか
嫌い
大嫌