※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

特殊なシム

シムの中には特殊な姿や能力を持ったシムが居ます。
それこそ、そういう状態にあるシムは外見的な変化が見られる物が多いです。
以下は、そんな特殊なシム達についての事を書いていきます。
なお、順番はデータセット順にしております。

※現在アパートライフ!まで導入済みですが、把握し切れていない箇所も多々あるのでご注意願います。

幽霊

シムやペットが死んだ後、骨壷もしくは墓を置いておくと稀に現れる。もちろん、最初から置いてある場所にも出現する。
現れた幽霊はシムを驚かす事があり、それが原因で稀に驚かされたシムがショック死してしまう事がある。(※死亡するかどうかは体力によって左右されます)
また、死亡の原因によって色が変わり、例えば寿命が尽きて自然に死んだシムは白い色で出現する。

なお、墓は公共区画へと移動させる事が可能となっており、例としてはダウンタウンにある「ゴシックグリーン公園」などが最初から置いてある公共区画となっている。

スターチャイルド

初期から入っている特殊シム。所謂宇宙人。
ストレンジタウンには最初から住んでいる上、キュリアス三兄弟の一人が既にスターチャイルドを身ごもった状態になっている。
緑色の肌をしており、純粋なスターチャイルドは目全体が黒くなっている。五分五分の場合は目か肌のどちらかが通常のシムと同じで産まれて来る。(例としては、ストレンジタウンに居るスミス夫妻の息子のジョニーがそうです)

通常のシムはMODを使わなければまずなれないが、 男性シム は一番高い望遠鏡(ファースターe3望遠鏡)で星を眺めているとまれにUFOに攫われるイベントが起こるので、そうするとスターチャイルドを身ごもった状態で戻って来る。
ただし女性シムや十代以下の男性シムの場合は攫われても妊娠しない。

生まれてきたスターチャイルドは性格が極端に偏る事が多く、鼻ペチャになってしまうのも特徴的。もちろん、そうならない場合もある。
ただし子供の頃は通常のシムよりスキルの上がる速度が速い模様?
その他、寿命などは通常シムと同じなので、やがては老いで死んでしまう。(もちろん命のエリクサーで延ばすことが可能です)

ゾンビ

キャンパスライフ!から増えた超能力キャリア(※大卒限定職)を進めていく事で手に入る「復活の呼び鈴」でシムを蘇生する際、死神への支払いをケチるとゾンビになってしまう事がある。ただし、子供以下のシムはゾンビにはならない。(死神が子供好きらしい)
又は、アパートライフ!から増えた「魔女(魔法使い)」の内「闇」の魔女(魔法使い)になり魔法レベルを上げていくと、相手をゾンビとして復活させる呪文を覚えられるようになる。
頬がこけ、目元にはクマができ、青白くなった肌は所々ただれている。その上足を引きずるので移動速度が格段に遅くなり、「生ける屍」状態なので寿命で死ぬ事は出来ない(事故死は可能)。よく脳みその吹き出しを出している。

完全な状態で復活出来なかったためにこうなったので、性格が大幅に変わっている事がある。
その為いくら生前は綺麗好きだったとしても、物をよく壊すようになったり、食事は作れるが動作が少々荒っぽくなったりする事も充分に有り得てしまう。
また、腐った状態であるため衛生メーターが減りやすく、一日に何度もシャワーかお風呂に入る必要がある。
なお、ウフフは出来るものの子供は産めなくなってしまう。

他にも、ゾンビ独特の嫌がらせ(?)で特大のゲップを出す事が出来たり(※因みに十代の家族願望も、願望メーターがレッドゾーンに入っていると同じような事をします)、脳みそが無いのか上の空状態になってしまったり、移動の際などに「ヴーア゛ー…」と特殊な声を発するようになる。

また、一度ゾンビになったシムはMODを使用しなければ二度と通常の状態には戻れなくなってしまう。(無理矢理死亡して、もう一度復活の呼び鈴を使用しMAXの料金を払ってもゾンビの状態で戻って来ます)
ただ上記以外は普通のシムと同じ+同じように生活する事が可能なので、デメリットはあるにしろ人によっては楽しく思えるかもしれない。
因みに、ゾンビになったシムは他のシムを自分の手でゾンビにする事は出来ない。(ただそういうMODなら見かけた事があります。導入するとよりゾンビらしさが出るかもしれません(笑))

ヴァンパイア

ホットナイト!から増えた「ダウンタウン」を“夜”に訪れると、たま~にヴァンパイアが現れる事がある。
(※歩く時に牙を隠すような動作をする上、男性の場合「●●(シムの名前)伯爵」、女性の場合「●●伯爵夫人」と名がついているので、見分けはとてもつけやすいです。他にも外見的特長が色々あります。)
そのシムと仲良くなると(恐らく恋愛状態)噛まれる事があるので、それをシムが受け入れるとめでたく(?)ヴァンパイアの仲間入り。
因みに、NPCヴァンパイアは「楽しさ願望」である場合が多い模様。

不老だが日の光には弱くなり、日の出ている時間では身体から煙が上がり通常シムよりも早いスピートで欲求がモリモリ減ってしまう。そのまま放っておくと消し炭になる。普通のベッドでも寝れるが、専用のベッド(というか棺桶)があるので、昼はそれで眠っておくのが無難。
ただ、朝(7時辺り)になる前から何らかのスキルアップを行わせていると、その時だけ欲求が減らなくなる模様?
夜になればそれこそ不死身になれるが、もっぱら逆転した生活を送る事になってしまう。もちろん昼に出かける事は無理ではないがカナリ無茶をする事になってしまう。(たとえばお昼に仕事があったとして、そのまま仕事へ向かえばガンガン欲求が減っていきます)

ヴァンパイアになったシムは当然牙が生えるので、仲の良い他のシムを噛む事が可能になる。ただし知識願望以外は大抵ヴァンパイアになる事を恐れるので、操作シムを噛む際(もしくは噛まれる際)は願望メーターマイナス覚悟。
また、移動メニューの中に「ここまで飛んでいく」というものが現れ、それを選ぶとコウモリの姿でそこまで移動を行う。(特に速くはないのであまり使い勝手は良くないです。ヴァンパイアな気分は味わえます(笑))

他にも、暇な時に「シャー!」と威嚇するような動作を取ったり、「ブラァ」と特殊な声を発するようになる。
また、NPCヴァンパイアは仲良くなってくると「ぶらー!をする」というような行動を取り始めるが、それが迷惑極まりない。(シムがビックリして粗相してしまう事があるからです(苦))

なお、マッチメーカーから買える「ヴァンプロシリン-D」で元に戻る事が可能になっている。
もしくは、どちらかの属性の魔女(魔法使い)になり、魔法レベルを1にすると自分で薬を作成する事が出来るようになる。

サーボロボット

厳密に言うとシムでは無いが、ここでは特殊シムの一つで紹介する。
ハッピーショップライフ!から追加された"人畜無害"ロボット製作ステーションでロボット作りの才能バッジがゴールドのシム(もしくはサーボ、ビッグフット)のみ製造する事が可能。
最初の起動(初期化)の際には性別が選べるようになっており、同時に名前も決められる。また、料理・技術・掃除のスキルが最初からMAXになっている。更には初期化したシムの性格(星座)とスキルを全て映した状態で起動されるので、スキルMAXのシムが起動するとそれこそ万能なロボットになれる。
また、前回(シムピープル)とは違って家族の一員となるため、直接指示を与える事が可能。

自由な意思をONにしておくとシム時間の数分毎に「雑用をする」と自発的に出るので、常に家事全般を行ってくれる。
食事ばかり用意するサーボだったり、そうでないサーボだったりと、初期化したシムの性格によって左右されている模様?
それか、区画内のシムが「空腹」になっていると察知している時は、自主的に料理を作るために行動してくれる。

ロボットであるため寿命は無く、赤ちゃんを産む事も不可能(※MODで一応可能)だが、恋愛は可能。
職に就く事やバッジ取得などももちろん可能であり、初期から何らかのバッジを持っているのも特徴的。
ただしロボットゆえの欠点で、稀に故障する事がある。また、水にも弱く、水風船を当てられるイタズラをされたり、誤ってプールに入ったりしてしまうとその時点で故障してしまう。
故障した時は暴走を起こす事もあり、散々好き勝手した後にようやく止まって修理を施す事が可能になる。
なお、故障してしまった際にやって来る、ヘルパーのようなシムが存在する模様。

オオカミ男

ペットライフ!から増えたオオカミに噛まれる事で感染し、変身する事が可能になる。
なおこのオオカミは見ようによってはただの野良犬に見えてしまうが、中には目が光った物(恐らくボスオオカミ?)も存在するので、そこで判断出来る。
また、知識願望のシムは「オオカミを見る」の望みを出している時、区画にオオカミが訪れると自動的に願望値がプラスされるため、そこでも見極められる。

シム時間の毎晩8時(20時)になると変身し、身体能力が強化される代わりに空腹になりやすく、その上徐々に性格が変わっていってしまう。
また、周りにオオカミを召喚したり、遠吠えする事が可能になり、ペットを手なずけるのも上手くなる。
他にもヴァンパイア同様他のシムをオオカミ男にする事も出来るので、その時は「襲いかかる」という項目が出るようになる。ただし襲い掛かった相手は必ずオオカミ男にはなるが、「けんかする→襲う」のモーションと同じような感じなので、マイナスが二つ出てしまう。

知識願望以外は世帯にオオカミ男が居るとオオカミ男になる事はもちろん、オオカミ男になったシムが遠吠えするのも嫌うので、遠吠えする時や知識願望以外を襲うには願望メーターに注意が必要。(特に家族願望は要注意。一番特殊シムを嫌います。)

他にも、他の特殊シムのように歩き方が特徴的になり(屈みながらずかずか歩くような感じ…?実際見てみると、ちょっと格好悪いです(汗))、歩いている際にシムが目に入ると「ガルルル…」とオオカミのような鳴き声(?)を発するようになる。
また、朝になると変身した時のようなモーションを起こしながら通常の状態に戻る。同時に「あれ?今までなにしてたんだろう?」というような動作をするので、そこはちょっとリアルな感じが出ている。

なお、ペットトレーナーから買える「ライカンソロピック-B」で元に戻る事が可能になっている。
もしくは、どちらかの属性の魔女(魔法使い)になり、魔法レベルを1にすると自分で薬を作成する事が出来るようになる。

植物シム

シーズンズ!から増えた農作物を栽培出来るようになる区画を設置し、栽培をしていくと作物の健康状態によっては虫が群がる事があるので、そこで農薬を大量に使っているとシムが突然変異を起こして植物シムになってしまう事がある。
肌が花の模様のついた緑色になり、頭には草が生え、普段着が植物シム特有の物になる。
欲求が「日光」「水分」「愛情」の三つだけになり、日光に関しては朝は外に出るだけで回復するが、夜は専用の蛍光灯が無いと回復する事が出来ない。なお、水分はそのものの意味(手を洗ったりすると自然に回復します)で、愛情はいわゆる「社交」なので他のシムと話したりする事で回復出来る。

女性でも男性でも自力で植物シムベビーを増やす事が可能であり、いい匂いを放つ胞子を出すのも特徴的。また、胞子に関しては日光の欲求が赤くなると出す時がある模様。(悲しんでいる表現?)
他にも花占いのような物を行ったりと、植物シム特有の動作が多々ある。

なお、植物シムベビーは 生まれたての幼児の姿の時は 母親(もしくは父親)からの遺伝はしないようなので、同じ顔のシムが生まれてくる事になる。(※成長すればちゃんと遺伝する模様?)
また、幼児の状態で生まれて来る他、子供~十代の期間が無く、日が来ると成人まで急成長を遂げる。

植物人間になるとその時点でバッジ関係なく全ての作物が栽培出来るようになり、植物と話す事も可能になる。
その他の事は通常のシムとあまり変わりが無く、家族願望でもそんなに嫌がらないのが特徴的。(ただ恐れには出てきます。それでも赤い思い出にはなりません)

なお、ガーデニングクラブから買える「ショクブツミン-C」で元に戻る事が可能になっている。
もしくは、どちらかの属性の魔女(魔法使い)になり、魔法レベルを1にすると自分で薬を作成する事が出来るようになる。

ビッグフット

トラベラーズ!から増えた旅行地の一つ、スリーレイクスの中にある秘密の区画にて登場する特殊シム。ふさふさの毛に覆われているのが特徴的。自シムはなれない代わりに仲良くなれば連れて帰る事が可能。ただし、一度連れて帰って来たビッグフットは元の区画に戻す事が出来ない。
お風呂が嫌いなので不潔になりがち。ただ、指示を出せば入ってくれる模様。
また、全スキルがMAX+全てゴールドの才能バッジを持っており、時々家具などのオブジェクトを持ち帰って来る事がある。

恋愛関連については一切出来ず、もちろん結婚も出来ない。
特有の行動には「ビッグフットハグ」なるものがあり、仲良くなったシムはこれを望む事が多い。フリーウィルでも適度に行って来るが、仲が良くないと抱き締められた方のシムが物凄い形相をしながら嫌がり、ダブルマイナスがつく。
歩き方に関しては一歩一歩力強く踏みしめながら歩く。他にも、猫が嫌いという特徴がある。

ランプの魔人

フリータイム!から追加された特殊なアイテム(魔法のランプ)によって現れる魔人。
人生の願望メーターを高いまま維持しておくとマッチメーカーが届けにやって来る。届いたランプは維持しておいたシムのみならず、その世帯のシムなら誰でも使う事が可能。
呼び出された魔人は呼び出したシムに願いを叶えてくれる。ただし、三回までと決められている。(※世帯に居るシム数によっては例外もあるようです)
もちろん世帯内なら誰でも使用可能のため、最初に呼び出したシムが三回、という訳でなく、三回の内なら他のシムが願いを言っても叶えてくれる。
また、ランプは一度届けられたら二度と来なくなる訳では無く、14日後に又維持し続けていれば再び届けに来てくれる事がある。

魔法使い(魔女)

アパートライフ!から増えた特殊なシム。魔法使いという名の通り、魔法を使える。
魔法使いの中には「良い魔法使い」と「悪い魔法使い」がおり、その中間には「普通の魔法使い」がある。ただ、区別としては善悪で区別されている模様。
公共区画に訪れるとたまに出没する事があり、白い服にキラキラとした光を放っている方が「良い魔法使い」、黒い服に緑色の肌をした方が「悪い魔法使い」である。
魔女達は空飛ぶホウキに乗ってやって来た後、何らかの魔法をかける事があるので、そこでも判断が出来る。(例えば、「悪い」場合はカミナリを降らせる+ゴキブリを発生させたりします)

そのどちらかと仲良くなるといずれは魔法使いにしてもらう事が可能になり、変身後は「壮大な魔術書」という本で魔法を学ぶ事が出来るようになる。ただし、魔法を使う際は「試薬」が必要になるので、覚えただけでは使う事が出来ない。
試薬を作るには専用の大釜が必要であるが、魔法使いになった時に本とセットで持ち物に入っている他、NPC魔法使いから購入可能になっている。
また、本で学んだ魔術によって善悪(と普通)が決まり、シムの名称も変わっていく。(例えば悪い方の名称であれば、「意地の悪い魔法使いの●●」など)
(※因みに悪い魔法使いの場合はレベルが上がると強制的に肌が緑色になるため、苦手な人は避けた方がいいかもしれない。)

その他、どちら側になるかによって何も指示していない時に起こすモーションが変わり、良い魔法使いはたとえ男でも乙女チックなポーズを取り、悪い魔法使いは「イヒヒヒッ」と悪そうな笑みを浮かべる。普通の魔法使いは特に変化無し?

なお、仲の良い魔女(魔法使い)(※恐らく自分を魔法使いにしてくれた「師匠」の魔法使い)から買える「ウィチビガン-E」で元に戻る事が可能になっている。
もしくは、どちらかの属性の魔女(魔法使い)になり、魔法レベルを1にすると自分で薬を作成する事が出来るようになる。