【種別】
人名ないしコードネーム

【元ネタ】
北欧神話の神オーディンの『デンマーク人の事績』における名前[Othinus]。
名前に「オーディン」というルビが付く場合がある。

【初出】
二十二巻、オッレルスが自分の素性をフィアンマに明かす際に口にした。
本人の登場は声のみ新約三巻、実際の登場は新約四巻


【解説】
グレムリン』の主要構成員を務める魔術師
隻眼で毛皮のコートの中に黒の革の装束を着ており、鍔広の帽子を被っている少女。
ある目的のため、『主神の槍』へ至る道を模索していた。
かつてブリュンヒルド=エイクトベルが完成を目指した『主神の槍』すら利用するだけ、ということからも
その最終目的の規模の大きさが窺える。

元々オティヌスは各種史料で述べられる「主神オーディン」まさにその人であるという。
彼女は魔神と化しており、完璧な存在であるが、それ故の弱点も抱えている。
即ち、文字通り「無限の可能性」を持つが故に、あらゆる事象に対して成功する可能性も失敗する可能性も等しく存在することである。
具体的には戦乱の剣上条右手の秘めた莫大な力すら容易に握り潰すかと思えば、半分魔神のオッレルスと右手を失ったフィアンマに撤退に追い込まれた。
成功する確率が50%以上ならまだ良かったし、失敗する確率が50%以上でもそれはそれで対策を立てやすくなるのだが、
成功と失敗が完璧に五分五分であるがゆえに彼女自身にも予想がつかず、非常に厄介なことになっている。
彼女はこの厄介な「無限の可能性」を制御するために、暗躍していた。
オッレルス曰く、上条当麻の「不幸」はこの「五分五分」であるはずの可能性を歪めてしまっているらしく、連続で二度の敗北を喫している。

新約8巻において遂に『主神の槍』を完成させ、魔神としての力を完全に制御する。
その魔神の力を使い位相を好きなように改変した。
地獄のような破滅的な世界を生み出すこともできるし、借金も失恋も事故も無い楽園のような世界を生み出すこともできる(厳密には、世界がそう見えるようにフィルターを挟み込んでいる)。
とはいえ、オティヌスがいじっているのはあくまでフィルターだけであり、
フィルターを介さない世界(科学の世界)そのものを創ったり壊したり作り変えたりしているわけでも、平行世界を移動しているわけでもない。

新約9巻での改変が初というわけではなく、それまでも彼女は好き勝手に世界を作り替えていた。
しかしある時、フィルターの再改変で世界を弄る前の「元の世界」に帰ろうとしたら「元の世界」を思い出せなくなる。
改変された世界はおそらく人の目では「元の世界」と区別がつかないほど「ほぼ完璧」に仕上がったのだが、
完璧すぎる魔神の目線ではそれでもまだ完璧とは言えず、どこか違和感を感じてしまった。
結果だけを見れば同じであっても、過程を知っているオティヌスにとっては別物・模造品に見えてしまったということかもしれない。
仕方なく彼女は「元の世界とほぼ完璧に同じ世界」で妥協し、自らを苦しめた魔神としての力も放棄して暮らしていたが、
やがて違和感に耐えられなくなった彼女は魔神としての力を取り戻し、今度こそ完璧に世界を元に戻そうとした。
それが新約での事件の発端である。
仕掛けは大きいが、つまるところ彼女の目的とは「 元の世界に帰る 」、ただそれだけである。

幻想殺しを手に入れて以降、彼女は元の世界に帰りたいと渇望すると同時に、それが不可能であろうと諦めてもいる。
魔神としての能力はもちろん、幻想殺しを使った世界の復元を以ってしても、納得の行く「元の世界」を生み出せなかったからである。
そのため、「元の世界に戻るために足掻く」という第一希望と「元の世界に戻ることを諦めて別の世界で生きる」という第二希望との間で常に葛藤していた。
新約9巻で上条(制御しやすい幻想殺しの器)が苦しめられながらも生かされていたのはそのため。
だが永きに渡る闘争の果て、彼女の方が先に精神的限界に達してしまったため、
仕方なく彼女は第一希望を完全に切り捨て、「上条当麻を殺す」決断を下す。
妖精化の「失敗100%」を利用し、魔神としての奥の手『』を解放することで上条に勝利した。

その後、「元の世界に戻る」というのは実は目的のための手段に過ぎず、
自分が真に求めていたのは世界に対する違和感と疎外感を共有する『理解者』であったことに気付く。
そして上条こそ『理解者』だったのだと気付いた彼女は、幻想殺しを用いて「元の世界」ではなく「上条当麻が生まれた世界」を復元する。
同時に『妖精化』の術式が自分の体を内側から次第に崩壊させており、どの道長くは持たないことを悟った。
わずかな時間『理解者』を得ることと引き換えに、彼女は破滅することになるが、それでも構わないと納得した上でこう選択したようである。

しかしオティヌスの『理解者』となった上条は、彼女がただ殺されるだけという結末を許せず、
彼女に自分の罪をちゃんと償わせる為に彼女を守ってみせると宣言した。
上条の思いを理解したオティヌスは、体の崩壊を防ぎ、魔神としての力を捨て去る方法として
ミミルの泉から、かつて魔神に昇華する為に捧げた『目』を回収すれば人間に戻れることを説明し、
魔神として残った最後の力で『骨船』を使用。上条と共にミミルの泉を目指す。
道中、どんな状況になっても自分を見捨てない上条に頬を緩めるなど、心境の変化が見られる。

ミミルの泉に辿り着いたところでオティヌスは「自分は本当に救われていいのか?」と悩み、
上条が『魔神オティヌスを救った罪』を背負うことを否定。
戦いの中で死ぬことで上条の功罪をゼロに戻すべく、上条に向けて『弩』を発動する。
上条は『弩』を乗り越え『妖精化』の光の杭を抜き取るも、既に魔神の力を使い果たしていた彼女の体は次第に崩壊。
最後に「上条が自分を救ってくれると言った時、もう自分は救われていた」と伝えると、光の粒子となって消えてしまう。

こうして死亡してしまったかと思われたが、なんと全長15cm程の大きさとなって再登場。
本人は『自分はまだ目を入れておらず本質的に魔神のままであったため』、『弩は最後の一本まで放たれず、その前に幻想殺しで妖精化を破壊されてしまった』、『魔神は五体が砕けた程度で死滅するものでもない』と説明していた。
つまり未だ魔神であったため、残った部分が勝手に再統合し、かつての力ももう使えないが、自分の意思が残留してしまったという。
余りにもデタラメな話に上条だけでなく、傍にいたインデックスすら唖然としていた。
またオティヌス自身、『本当に自分の意思に介在しないで、『自動的に』肉体の再統合が実行されたのか』という疑問を抱いていた。

ロベルト=カッツェエリザード達が下した、オティヌスへの罰は
『自殺してでも目を背けようとした幸せな世界を、一番近い場所で永劫に眺める』というもの。
一見生ぬるいように思えるが、本質的に魔神のままであるオティヌスにとってはかなり皮肉の利いた、人類が彼女に下しうる最大の罰と言える。
ちなみにこの事を上条に伝えようとしたが、オティヌスに興味を抱いていたスフィンクスに襲われ、その後きちんと話せたかどうかは不明である。


ちなみに非常に勘違いされることが多い例として、「上条は10032回世界を繰り返した」というものがある。
これは大きな間違いであり、あくまで校庭でのオティヌスとの直接対決が10032回というだけで上条は何百万回もループを経験している。
オティヌスとの直接対決で一度死ぬたびに、再度オティヌスと戦うまでにも無数の世界を体験しているため、上条とオティヌスは年数で言えばおそらく数億、数十億年もの間一緒に過ごしたと思われる。
少なくとも腐れ縁であるオッレルスすらも上回る時間を共に過ごしたようで、オティヌス自身の口からも「共に過ごした時間ももはやお前が追い抜いたか」と言われている。

また、彼女の世界改変は「生者」と「死者」を明確に分けて扱う魔術理論に依拠しているらしく、半死半生のミサカネットワークの「総体」には完全な干渉ができなかった。