【種別】
駆動鎧

【初出】
新約一巻

【解説】
シルバークロースが保有する『コレクション』の一つ。
搭乗型の駆動鎧ではあるが、5メートル前後の巨体を誇る。
2本の後ろ足で直立するカマキリのような外観で、鎌のような部位と腕が2本ずつあり、
腹部側面の装甲からは半透明の羽が出し入れ可能。機体前面にはコックピットを守るハッチがある。

『純粋な工学技術で、基となった才能を超える』ことを想定して作成された兵器群、
ファイブオーバー』シリーズの一つであり、
モデル名からも分かる通り、第三位『超電磁砲』を機械的に再現・超越する為の駆動鎧。
主力武装は左右の鎌の内に1門ずつ取り付けられているガトリングレールガン
本体の背後に背負った巨大なドラム缶のようなものから大量の弾丸を装填し、大量の弾丸をばら撒く。
単純な威力面では本家を既に上回っているが、その他の応用力を含めた戦闘力比較の場合においては、
現時点では第三位に軍配が上がる。
『科学技術は常に進歩し続けていて、昨日の最新が今日も最新とは限らない』
という現実を端的に体現している機体。

様々なセンサーを搭載しており、物陰も含め戦場を隈無く走査することが可能。
また、巨体ながらに飛行能力を所持。
羽を肉眼では捉えられない速度で羽ばたかせ、超音波の振動で空気を渦状に撹拌することで揚力を得る。
この飛行機能は、威力の高すぎる攻撃により自らが生み出した悪路を通過するために用意されたものであり、
狭く入り組んだ屋内やハリケーン並の強風吹き荒れる屋外など、
どのような環境でも空中でピタリと静止できる性能を持つ。

この機体の制御は他の『コレクション』の多くとは異なり完全な自律AIではなく、
人間の脳を演算コアとして要求する。
『装着者の脳』というコアを徹底的に補強する形で、駆動用コンピュータが周囲を取り囲む造りとなっている。
究極的に言えば、本当に必要なのはシナプスのネットワークのみであり、
『人間の脳』さえ機体に押し込めれば、
本人が意識不明の状態であっても関係なく、AIによる稼働を行うことが可能。
しかし、装着者の意思を挟まない完全自動操縦となるため動きは単調になり、
無人状態での複雑な作戦行動や、細かな出力調整などは難しい。

廃ビルに逃げ込んだ浜面らを殲滅するため、
黒夜海鳥の指示により半死半生のシルバークロースを押しこむ形で投入。
圧倒的な火力により浜面らを追い詰めるが、
AIのリスク判定の隙を突いた浜面の機転により撃破され機能停止。
その後駆動鎧の規格が同一である事に目をつけた浜面により、
『ドラゴンライダー』と直結され浜面を操縦者として再起動。
圧倒的な火力により『コレクション』を殲滅、黒夜をも撃破した。

後のバゲージシティにおける戦闘でも複数体が地上戦用に投入され、圧倒的な戦果を挙げている。

新約1巻では人が搭乗するタイプの駆動鎧だったものの、
新約10巻においては完全な無人機と化している。