【種別】
格付け

【初出】
一巻

【解説】
学園都市に七人しかいない最高レベルの能力者
「一人で軍隊と戦えるほどの力を持っている」と評される。
レベル5内の順位は「能力研究の応用が生み出す利益」が基準で決定されており、
直接的な戦闘力だけに基づいて判断されているわけではないらしい。

【順位】                    
第一位:一方通行一方通行
第二位:垣根帝督未元物質
第三位:御坂美琴超電磁砲
第四位:麦野沈利原子崩し
第五位:食蜂操祈心理掌握
第六位:未登場
第七位:削板軍覇(解析不能)

なお、ショッピングセンターで能力実演が行われる際に学園都市が提供した内申書によると、
美琴以外のレベル5は『性格が破綻しすぎでとても能力実演なんかに招けない』らしい。
また、大覇星祭の選手宣誓を依頼することになった運営委員会の学生からは、
「隠しても隠しきれない人格破綻者の集まり」と呼ばれていた。
ちなみに美琴は前者には『この子なら穏当』、後者には『安全牌』と評価されている。