【種別】
格付け

【初出】
一巻

【解説】
学園都市に七人しかいない最高レベルの能力者
「一人で軍隊と戦えるほどの力を持っている」と評される。
レベル5内の順位は「能力研究の応用が生み出す利益」が基準で決定されており、
直接的な戦闘力だけに基づいて判断されているわけではないらしい。


【順位】                    
第一位:一方通行一方通行
第二位:垣根帝督未元物質
第三位:御坂美琴超電磁砲
第四位:麦野沈利原子崩し
第五位:食蜂操祈心理掌握
第六位:藍花悦 (能力不明)
第七位:削板軍覇(解析不能)

なお、ショッピングセンターで能力実演が行われる際に学園都市が提供した内申書によると、
美琴以外のレベル5は『性格が破綻しすぎでとても能力実演なんかに招けない』らしい。
また、大覇星祭の選手宣誓を依頼することになった運営委員会の学生からは、
「隠しても隠しきれない人格破綻者の集まり」と呼ばれていた。
ちなみに美琴は前者には『この子なら穏当』、後者には『安全牌』と評価されている。
最も、美琴はあくまで「他の六人にくらべたらまとも」という意味であり、コンビニで立ち読みをしたり、自動販売機を蹴って無料でジュースを手にいれたりしたり、過度なスキンシップをする後輩に電撃をかましたりする。
また、電撃を無効化した上条に決闘を申し込むなど超能力者としてのプライドも高い。
そのため、実際の美琴は「お嬢様に見えて勝ち気で破天荒な跳ねっ返り」というキャラである。

ただし、ストーリー内では五人の超能力者が精神的に大きな成長を見せており、七人の内二人が元からヒーローの性質を持つ。
美琴は上条に好意を抱いた後の『革命未明編』の一件で仲間を真に信頼して共に解決している。
一方通行は打ち止めと出逢い、自らが犯した過ちに苦悩しながらもヒーローとして目覚める。
食蜂は上条と関わった事で、彼に認識されないという苦痛を背負うも大覇星祭の一件で彼を手助けするなど、美琴と違い素直に好意を出している。
麦野は浜面への執着の果てに成長を見せている。
削板は熱い熱血漢であるが、ss2での一言から「暗部」を見たことで今の人格を形成した可能性もある。
垣根は初登場した人物から派生した人物であるものの、一人の少女のために尽くしている。
藍花は力なき者のために自らの名前を与えている。
この事から現状は、科学サイドの最も力のある「ヒーロー」の集団とも言える。
(ただし食蜂は性格的な面で反りが合わず、美琴とはいがみ合い、麦野は暗部生活が長かったためかフリーダム過ぎるキャラとなっており、削板も日常では根性バカな印象を持ち、まともとされる美琴も上条が絡めば破天荒さを出す可能性もあるため人格破綻者の集まりという表現は今も間違っていない)

また、未だにグラフィックが公開されていない藍花を除けば、公開されている六人全員が平均以上の端正な顔立ちをしている美男美女である。
(最も、とある世界では科学と魔術の両サイドも含めたほぼ全員が平均以上の整った容姿をしているのだが)

作者的裏設定においては、『白井黒子よりも見た目とインパクトが『派手で強い』
ことがレベル5の一つの条件となっているらしい。