【種別】
人名

【初出】
十五巻

【解説】
スクール』のリーダーを務める少年。
能力『未元物質』を所持する、学園都市第2位の超能力者(レベル5)

基本的に敵でない一般人は攻撃しないし、敵を許す寛容さもあるが、逆上すると周りに気を使わなくなる。
それでも裏社会ではまだ人間味のある方だが、一方通行にはチンピラと酷評された。

アレイスターとの直接交渉権を得ようと画策し、
その手段として一方通行を倒して第一候補(メインプラン)となることを目指し暗躍。
メンバーを壊滅させたり、アイテム勢を追い詰めたりと終始有利な戦闘を展開。
一方通行を相手にしても、反射の無害有害のフィルターを解析する事によって攻撃を有効化させたりと善戦したが、
その攻撃法則を反射に組み込まれ無効化された為に敗北。
追い詰められたことで未元物質を更に進化させたようだが、
謎の黒翼を発現させた一方通行に成す術も無く「虐殺」された。
因みに、直接交渉権を手に入れるためにアレイスターの予備のプランをすべて潰そうと考えており、
アレイスターが並行的に展開しているプランの全てを把握できる自信があったようだ。
それだけの事をしてでも直接交渉権を手に入れたい理由があったようだ。
(一方通行は暗部に星の数ほどある悲劇の一つにでも触れて壊れたのだろうと予想している。)
実は作中で唯一『超能力』で一方通行にダメージを与えた人物である(上条当麻幻想殺しは正式な能力とは言えないから除外。)

しかしその後、アレイスターの指示で回収されていたらしく、一応の生存が確認された。
とはいえ、同様にアレイスターに復活させられた麦野沈利によれば、
ネバネバした液体の入った容器に3つに分かれた脳をそれぞれ収めたり、
つぶれた内臓一つを補うために冷蔵庫よりもデカい機材を腹の横に直接取り付けたりと、
超能力を吐き出すための塊」になってしまったらしい(それでも一応『第二位』の格付けにある模様)
なお、このような状態ではあるがエイワスからは「垣根帝督」として気にされている様子。
暗部への幻想殺し回収命令の中に、「第二位と同様の処置を施して生命維持装置内に『回収』」という文があるので、
暗部によって何らかの手が加えられているようだ。
クリスマスケーキのように脳みそを切り分けられたプロデュースと何か関連があるのかもしれない。
新約4巻によると自我が乏しいため、与えられた電気信号に従って能力を行使させられている状態であり、
木原病理Equ.DarkMatterを製造させられていた。
しかし、彼女の研究によって未元物質を使って人体細胞を構築する術を獲得したようだ。

そして、新約5巻にて前述の「人体細胞を構築する術」を使い、自身の損傷した内臓等を補い復活した。
未元物質によって自分の体を補った結果、垣根にとって「自分の体」と「未元物質」の区別はあいまいになっているらしい。
その結果、人体を補った部分だけでなく、周囲に展開した未元物質まで「体の一部」になりかけており、あたかも未元物質が「生きている」かのような挙動を取り始めているらしい。それは強い不死性の獲得ともいえるし、命や魂というものが未元物質の中に希釈されていっているとも言える。
簡単に言えば「『ヒト』という枠を超えた存在」である。

新約5巻では、木原唯一の会話でしか出てこなかったが、新約6巻でついに復活した姿で登場した。
その姿は初登場の15巻の時と比べると遥かに人間離れしていて、肌や髪の毛の色も「未元物質」によって作られている為か真っ白になっている。
着ている服も「未元物質」で作られているらしい。目は本来白目であるところが黒く、本来黒目である部分が赤くなっている。

本来はフロイライン=クロイトゥーネの撃墜を命じられていたが、一方通行への復讐を企んでいるのか再び彼と戦闘を繰り広げる。
今回は十五巻の時と違い、計画性のある戦い方をした。
序盤は一方通行を精神的に痛めつけるなどして善戦するも、麦野沈利の助言によって一方通行の精神状態を回復されてしまう。
それによって今まで有効だった攻撃も軽々とベクトルを操られて無効化されてしまったが、状況に大した変化はなく驚異的な再生力と創造力を生かして終始二人を圧倒。
「相手に永遠に攻撃を加える事で確実に勝利を手にする」という理論のもとで二人を潰しにかかった。
「座して待つという言葉を人類滅亡レベルにまで引き上げられる」という無限の時間を有しており、ただ待っているだけで勝利が転がり込むその状況は「究極の浪費であり、究極の怠惰であり、究極の冒涜」とすら言われていた。
また、フロイライン=クロイトゥーネと同じく一度でも芽吹けば何十億人が集まろうと所詮個と個の集まりでは太刀打ちできないとも言われており、「『ヒト』の枠を超えた存在」としてその実力を遺憾なく発揮した。

しかしそんな時、自らが作り出した兵器の一つであるカブトムシ05が『マスターの命令に背くために自分が「垣根帝督」という柱に成り、全てのシステム権限を奪取する』という予想外の反発をした為に本来マスターである自身の崩壊が始まってしまった。
最後は完全崩壊寸前で一方通行に中心部を貫かれ消滅した。
一方通行に敵意を抱いていたマスターは消滅したが、さながら妹達のように自身の様々な意思がそれぞれの肉体に現れていたようで、それぞれが「かつての垣根帝督の一側面を持つ別人」として存在している。
そもそも新約6巻時点でマスターであった「垣根帝督」も一方通行への復讐心が表面化した個体であり、これが「本当の垣根帝督の人格」であった保証などどこにもないとのこと。特定の人格という統合意識を持たないため、増殖を続けると素体となったマスターに反旗を翻す「異分子」の登場が懸念される。そのため対一方通行戦で見せたような無限増殖は極力控える必要がある。

超電磁砲では43話に登場。
その際
あんなの(大覇星祭)は努力やら希望やらをまだ信じてるガキ共の遊びだろーがっ!!
と発言している。
希望はともかく、「努力を信じる」ことを否定しているところを見ると、努力では超えられない何かしらの壁に突き当たっていたのか、あるいは暗部に落ちた原因である可能性もある。そして、
もしかしたら素養格付(パラメータリスト)について知っていたのかもしれない。

【口調】
特徴的な部分は特にないが「ムカついた」というようなセリフをよく口にする。